手書きだからこそ伝わるもの

手紙は手書きで心を込めて書くものなので、メールとは違い、書き手の気持ちが字にこもっていると思います。これが一番の手紙の良さだと思います。また、手紙だと、いろいろとシールを付けたりすることもできるので、自分だけの手紙を作ることも可能です。

これがメールだと、ただの文字や絵文字だけで、気持ちが伝わってきません。手書きだからこそ伝わるものが手紙だとあるのだと思います。こういった手紙を受け取る側も、ただの文字や絵文字だけのメールを受け取るより、手書きの手紙を受け取る方が、心と心のつながりがあり、とてもいいものだと思います。

手紙をいざ書くとなると、自分の気持ちをどのように相手に伝えればいいのか、その気持ちがやはり、字にこもって来ると思います。書いた字によって、書き手の気持ちが相手に伝わるものだと思います。これがメールだと、どんな気持ちでも同じ文字なので、相手になかなか気持ちを伝えることが難しくなってきます。

こういった点が、手紙の楽しさかと思います。今現代、メールが主な通信手段となっていて、なかなか手紙を書く機会が少なくなってきています。そんな中で手書きの手紙を書くことで、相手との距離を縮めることが出来るのではないかと思います。

手書きだからこそ伝わるもの

お引越しして息子たちと同居生活開始

これまで、一年間、息子と離れ一人暮らしをしていましたが、このところ私の体調もあまりすぐれず、不安になったこともあり、同居することにしました。

決めるまでは、色々と考えてしまい、多少の不安もありましたが、始めてみるとなかなか充実した毎日を送れています。

息子と、息子の彼女と、私の彼と、秋田犬の、4人と1匹の生活です。

私は、6年前に脳梗塞を患い、左半身麻痺の障害者です。ですから、健常者の人と比べ、出来ないことも多いのですが、出来ることを毎日していると、一日がとても充実しています。

できないことは、みんなが、分担してやってくれています。

まだ始まったばかりですが、穏やかな一日を過ごすことができています。

もう少し落ち着いたら、趣味のガーデニングもやってみようと思っています。

なんとなくですが、体の調子も少しずつ良くなっているような気がします。

息子たちともゆっくり話す時間ができて、引っ越しを決意して、良かったと思います。

これまで一人で暮らしているときは、食生活も適当になりがちでしたが、食べてくれる人がいると作り甲斐もあり、楽しいです。まだまだ、みんなの好みなどが、把握できていないので、手探りで、毎日メニューを考えています。

お引越しして息子たちと同居生活開始

突然たまっていたものが爆発してしまった

今日は機嫌よく1日を過ごしていたのに、ある一通のメールで変わってしまいました。

それは旦那からのメールでした。

15時過ぎ、旦那から「前の会社が一緒だった先輩に今日ご飯に誘われたんだけど、行ってもいい?」とのことでした。

そのメールを読んで、最初は今日は旦那のご飯作らなくていいからラッキー!くらいにしか思っていませんでした。

でもよくよく考えたら、来週の月曜日も会社の人と飲みに行くって言ってたし。

何なら、ある出来事が理由で、もう飲み会は行かないと自分で言っていたはずなのに、それがこの有様です。

もう我慢できなくて、その怒りを爆発させてしまいました。

最近は数年後にマンションを買いたいから頑張って節約しているのに、私だけ我慢して、旦那だけズルイと伝えました。

そのことを伝えると他にもたまっていたことが爆発し、イライラを全て旦那にぶつけました。

普段仕事で帰りが遅くて毎日育児は私1人で全てやっています。

トイレ掃除、お風呂掃除もやってくれない。

毎日旦那の弁当も作って、休みの日も節約のため自炊してます。

子供を見ながらの家事って本当に大変なんです。

1人になりたくてもなれないし、休みの日も休んだ気がしない。

仕事で疲れてるから休みの日くらいは休ませてあげたいし、家は安らげる場所であって欲しいとはおもっているのですが、私だってたまには休みたいんです。

1人になりたいんです。

ご飯だってゆっくり食べたいし、買い物だって行きたいんです。

でも節約で買い物行けるお金もないからストレス発散できる方法がないんです。

その結果、今日みたいな旦那にぶつけるということをしてしまいました。

いけないけど、人って言わないとわかんないんですよね。

旦那からは「申し訳ない。これからはいろいろやるね。」

今日の先輩との約束は断るねと言われましたが、もうご飯の準備はしていなかったので食べてきてと言いました。

旦那には大ダメージを与えてしまいましたが、私だって我慢してたら潰れちゃいます。

上手く自分でストレス発散できたらいいんですけどね。

旦那、キツく言ってごめんね。

突然たまっていたものが爆発してしまった

失った自分の自信を取り戻せ。謎の霊媒師。

私は昨年までホテルの飲食部門で働いていましたが、店舗閉鎖とともに退職。一念発起で看板製作の会社に就職しました。しかし接客業から製作業に転身がかなり厳しく仕事でうまくいかず、会社の従業員ともうまくコミュニケーションが取れずにミスを繰り返し、休みを取ることもおぼつかなく疲労困憊していき作業中に怪我を負ってしまい結局その怪我が原因で退職を決意しました。

この状況で再就職先は20年間接客に勤めた経験を生かし飲食業をもう一度極めて行こうと決心し、松山市郊外の新規開業の飲食店にお世話になることにしました。半年のブランクと怪我の後遺症で店の作業はあまりできませんが、20年培った接客の技術で何とかお客さんへの対応はできました。

ただこの半年ブランクは思ったより自分にダメージがあり少し人生に自信を失ってしまっている感があり、今ひとつ積極的になれない自分がいました。ある時店の親会社の社長が店の運気を上げるということで神棚に神を宿らすという霊媒師らしき方を東京から呼び祈って頂きました

。店のつくりは1階駐輪場、2階と3階は店舗といった造りで、霊媒師曰く1階2階はきれいな状態で運気もあるということで、ただ3階には霊が無限大に蛇が5千匹以上で運気が下がってしまっていることで、1時間以上かけて成仏させてくれました。

そして従業員も一人一人運気を上げて頂く祈りを捧げてもらいましたが、私には失った自信があり、それが弱気な自分を作り出して姿勢も前のめりになってしまっていると指摘され、頭のてっぺんから何かを取り除いてくれるしぐさをして、自信を取り戻しさえすればあなたは大丈夫と言われました。

その時は半信半疑でしたが、後日前職の会社の取締役からミスを責められる電話がありましたが、働いていた時期、辞める時など萎縮してしまってましたが、その電話の時には自分の非は非として認め、納得いかない事はしっかり強く言い返す事ができました。最後は前上司に謝らすことができて少しだけ強くなった自分がいたと思っています。

初めは霊媒師がくると聞いてどこかで引いている部分はありましたが、今ではこの方のおかげで自分は強くなれたと思い、ここから先前向きにやっていく自信が芽生えたと感じます。

失った自分の自信を取り戻せ。謎の霊媒師。